国境なき記者団は3月12日、毎年恒例の「インターネットの敵」リストを発表しました。

ネットの検閲や監視を行っている国を挙げています。

 

list

 

 

 

 

 

 

 

黒がネットの敵、赤が監視対象

 

インターネットの敵として挙げられたのは、ミャンマー、中国、イラン、北朝鮮、シリアなど12カ国です。

いずれもアクセス遮断やネットの検閲、ブロガーの投獄による言論の弾圧などを行っています。

敵とまでは行かないが、要注意の監視対象国としては、オーストラリア、エジプト、フランス、インド

、ロシア、韓国、スリランカ、タイなどが挙げられていいます。

国家的なWebフィルタリングシステムの導入といったネット規制を計画していることなどが理由です。

フランスは昨年初めて名前が挙がったが、今回も引き続き監視対象国となっています。

フィルタリングの推奨や、ジャーナリストへの情報源開示の圧力を強めていることが指摘されています。

list1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

*

サブコンテンツ

上海で日本のテレビを見る!

上海で日本のテレビを見る!

上海で日本のテレビをみるなら、SHJP TVで!上海で最安値・激安の日本のテレビ。サポートも充実。

おすすめドメインサービス

おすすめレンタルサーバー

おすすめECサーバー

ミャンマーコンサルティング・進出支援・視察・業務アウトソースのGIC

ミャンマーコンサルティング・進出支援・視察・業務アウトソースのGIC

ミャンマーコンサルティング実績No1。進出支援、会社設立(法人登記)、起業、ビザなどご相談下さい。また進出後の会計、採用、運用の業務委託も対応可能です(日本人常駐)。

このページの先頭へ